全国災害リハビリテーションコーディネーター連携推進委員会・研修会を開催しました

2014年12月31日 担当者:事務局

平成26年8月に予定し台風に延期された標題、委員会・研修会を開催しました。
  平成26年12月20・21日 東京・新宿パークタワーにて
     共催:東京都在宅療養推進区市町村支援事業
     「医学的ケアを要する在宅療養患者の災害時支援事業」

IMG_2754

今回は、各都道府県コーディネーターのリーダーの皆様にお集まりいただき、
 ・全国都道府県の災害リハコーディネーター間の連携を推進する
 ・各都道府県における災害リハビリ支援体制と広域的連携体制を構築する
 ・そのための問題点・課題を抽出し、解決方法を具体的に検討する
 ・所属地域・ブロックでの今後の具体的活動方針を立案する
上記を目的に開催しました。

具体的には、

里宇明元/研修企画委員長より、「コーディネーター研修会の報告と今後の活動指針」
IMG_2767
栗原正紀/代表より、「地域における災害リハビリ支援チームの育成について」
IMG_2769
町田千尋氏/徳島県医療政策課より、「都道府県・区市町村との連携」徳島県の事例

小早川義貴氏/DMAT事務局より、「DMATの非常時連絡・研修体制」

岩手/東京/新潟/大阪/和歌山/愛媛/長崎よりコーディネーター研修会後の活動報告

広島/長野より局所的災害時の活動報告

以上の内容にて実施しました。※一部は東京都補助事業との共催

その他、「ブロック内、カバーブロック内の連携について」および「リーダーシップ論」について、福田千年氏/中国電力ティアラインターナショナルコンサルティングアドバイザーを講師として演習を行いました。

今後の活動については、全国を7つのブロックに分け、広域的連携体制を構築する事を確認しました。コーディネーターの皆様におかれましては、各都道府県リーダーと共に、平成27年の課題として推進いただけましたら幸いです。

事務局では、JRATの概要パンフレット、およびビブス等に印刷するロゴデータを準備する予定です。当ホームページにてご案内して参りますのでご活用ください。


PAGETOP